在日中国人帰国就職質問

Q1専門家を引き入れる具体的な流れ
A専門家の引入れと企業の需要はさまざさで、どのようなモードでも、基本的に以下の流れで、企業の需要を満足します。 ① 企業の外国籍専門家の求人ニーズを明確 ② 企業のHRと具体的な募集内容や賃金福祉などの募集方向を確認   ③ 詳細な求人票を日本の関連企業に送り、募集開始 ④ 海外営業メンバーは、応募人材に一次打ち合わせを行う   ⑤ 募集方向に適合う人材は、企業に推薦   ⑥ 企業は二次面接を行う   ⑦ 二次面接で合格した人材について、現地面接を行い、採用するかどうかを決定   ⑧ Offerを出し、中国の企業に入職 ⑨ 毎月、専門家の在職状況と生活状況について答訪を行う ⑩ 企業に専門家のフィットバックを提供し、企業と専門家の関係を順調に進めることをサポートします。
Q2専門家入職前に、企業側の準備は?
A大体以下になります:  A.就労ビザの申請資料と手続き  B.物件と生活品のご用意  C.専属通訳と仕事関連メンバーの配置  D.オフィスと設備の準備  E.中国に来る時間とチケットの購入  F.入職からの健康診断、入社手続き、現地の居留許可手続きなどの手配 別:多数の専門家は、初めて中国で長期勤務のため、仕事と生活に慣れるまで時間がかかります。従って、企業側が特に初めて外国籍専門家を雇用する企業は、必ず初期の仕事をフォローしないといけないです。週末は通訳または他に人を委託し、専門家に物件周りの生活設備などの環境を案内します。専門家の生活環境や仕事をより速く、より良いに入るように、サポートします。
Q3専門家の入職や就労ビザの手続きは?
A専門家は中国の企業と雇用契約を結び、あらかじめ中国の就労ビザを申請すること。就労ビザの申請について、企業側が中国国内企業所在地の政府部門に審査を申請し、手続きをします。かなり時間がかかるので、資料の審査中で、正式な就労ビザをもらう前に、ビジネスビザを申請し、短期滯在の形で入職する前の考察、コミュニケーションと準備をします。  ビジネスビザの申請は、企業側から専門家にビジネス招待状を発送する必要があります。専門家は招待状を中国の大使館に持ち、ビジネスビザを申請します。3日間ぐらいかかります。  就労ビザについての具体的な申請フローと細則は別整理になります。  参照:————————。
Q4専門家の入職にかかる時間や手続きは?
A顧問の形で雇用された専門家には、勤務時間について具体的な協議と柔軟な手配が必要であり、ここで具体的な紹介をしません。  フルタイムで雇用された専門家を中心に、入職時間は本人の在職状況による変動します。  A.すでに退職や定年の専門家:  --いかなる企業との雇用関係をもってないので、原則には企業の求めに応じて早めに入社することが可能です。   一般に、中国に来る個人準備ができて、ビザをもらった時点で赴任可能です。     B.在職中の専門家  --在職中の専門家は、企業との雇用意向を明確し、在職中の会社に退職申請を提出しなければならない、また業務の引継ぎ処理もしないといけないです。 普通は1ヶ月から2ヶ月の時間をかかります。この場合、中国赴任の準備を同時に推進した方がいいです。
Q5日本人専門家の仕事特徴
A(1)厳密である  日程の設定から始め、計画の推進・執行、仕事関連の各部分に、日本人専門家の特徴は厳密です。計画が厳密で、ミスも少ない、自分自身に厳しく要求する以外に、同僚や部下にもある程度の要求があります。 (2)自律し信用を守る  日本人専門家は、企業と契約する時、仕事内容や待遇福祉などの条件に細かく確認する人が多いです。具体的な事項もはっきりしないといけないので、細かくて面倒な部分もあるけど、このような流れで、後でトラブルの発生を回避した。契約した時点から、ほかの要求を提出することも少ないです。  入職したから、厳しく企業の関連規定と要求を執行でき、自身の仕事品質と責任の履行も強い責任感を持っています。 (3)謙遜保守  日本人の民族特性と伝統観念で、数多くの日本人専門家は謙遜の性格で、たとえ得意分野でどんなに豊富の経験を持ってます。絶対的な自信があっても、一定の実績を出す前に、約束することをしないです。彼たちは、謙虚な表現方式で自身の意見を述べ、仕事を完成する可能性を示します。  また、個人より、日本人専門家はチームの力をもっと重視し、個人存在を強調せず、チームで前に進むことが大事だと思っています。また新入社員の研修や教育についても大切だと思っています。
Q6日本人専門家の帰省休暇時間について
A日本で重要な節句は正月とお盆です。正月の時、大体5-7日の休みがあります。中国の旧正月のように、一年の中に一番重要な節句です。お盆とは、8月の中旬であり、多くの日本人は祖先の墓参りをして、家族と再会の重要な節句です。  従って、個人要因の休暇以外、上記の2つの節句で、日本人専門家が帰国するバタンが多いです。
Q7中国の企業に転勤する時、よく関心する事は
A(1)外国籍技術者の雇用状況  日本人専門家は、既にほかの日本人専門家が在職している企業、または雇用したことがある企業に就職したいそうです。このような企業は、日本人材の雇用または交流配合、日常生活などの制度、福祉、企業側から専門家に対しの理解、支援が完備しています。専門家がこのような企業に入り、より早い外国の仕事環境や生活条件になれます。  もちろん、日本人専門家に限らず、外国籍の専門家が多数在籍の企業も認可を獲得しました。 (2)企業所在地の生活環境と安全性  日本人専門家は民族文化により、または日本国内で高速発展の生活環境に慣れ、個人の生活品質や安全性について、こだわりがあります。日本人専門家は文句を言わず、高度な仕事熱心以外に、個人生活の保証も高品質な仕事成果を出せる原因の一つと思われています。  従って、日本人専門家が、居住地の交通、ショッピングの利便性、地域セキュリティ、地元の和食店の有無、気候の条件、空気の質などを注目しています。特に民族の生活習慣でバスタブが必要です。
  • 1

マイページ

業種:

キーワード: