日本人中国就職質問

Q1企業が海外の専門家を雇用する前の準備
A海外の専門家を雇用する前に、特に経験がない企業に対して、重視すべきなことであります。順調に専門家を雇用するように、
資金とスタッフの合理的配布、相応効用を最大に達します。できるだけ最も短い時間で専門家を出勤させる効果を求め、
必ず各方面の相応の準備をすべきです。  主に以下になります:
  • A.海外専門家の技術方向、勤務ポジションと雇用目的を明確します。
  • B.専門家の必要状況について、目標地域、目標企業や目標製品をを明確します。
  • C.専門家の募集条件としての経験、技術レベル、個人条件などの选択基準を明確します。
  • D.報酬待遇の予想と相応の予算を確定します。
  • E.専門家が入職した後、能力を十分に発揮できるのため、スタッフや設備、基礎技術などを保証します 。
Q2専門家を雇用する具体的な方式
A雇用方式から、人数、仕事時間及び契約の形で言うと、以下のようなバッタンになります: A.フルタイム:企業と専門家は正式な契約を締結し、契約年限にフルタイムな形で仕事を  する。 B.顧問:企業顧問の形で、定期的に企業に行って仕事をする。 C.チーム制雇用:企業は多人数の専門家チームと雇用契約を締結する。 D.プロジェクト式契約:企業は、プロジェクトの完成指標をベースとして一人あるいは多  人と雇用契約を締結する。 E.技術派遣:企業と人材コンサルティング会社と技術人材の派遣提携契約を締結する。
Q3専門家を雇用する意味と価値
A簡単に言うと、海外専門家を雇用するメリットは以下になります: A.技術的な突破を実現し、さらに国際水準に達する。 B.自社製品の開発、またブランドを作る。徐々にただな加工と模倣から抜け出す。 C.企業の人材に対しの指導育成、持続可能な発展を保証する。 D.成形製品の導入及び技術の高コストを節約的に完成させる。
Q4なぜ海外専門家を雇用しますか。
A―中国企業の高速発展と実力の強大により、多数の企業がグローバル企業に発展を進んでいます。特に人材の使用と選別方面、国際化レベルに快速達成できるため、国際化の技術人材を使用するのは、多数の企業にとって良い道だと思われています。  近年、国際金融危機の原因で、欧米や日韓系の企業に影響を受けられ、企業が次々と減産と人員削減のジレンマに入ってしまいました。特に日本、製造業の輸出国であり、今回の金融危機で更に注目されました。各企業の海外工場の閉鎖や国内生産の減産のため、大量の技術者の失業と早期退職が発生しました。この環境で、もし中国の企業はこの人材達を合理的に使用し、企業の快速発展に役に立てるでしょう。
Q5雇用契約の締結方と必要条件について
A海外専門家を雇用する場合、自身の特殊性や企業側の雇用多様性で、雇用契約を締結する時、両方の実際要求や利益を満足しないといけません。  普通に、現地面接で終わった二週間以内に、企業側が専門家の雇用意向に対して、結果をださないといけないです。合格した専門家に雇用意向書を送ります。専門家が雇用意向書をもらって、就職したいなら、両方が正式の雇用契約を締結ます。    必要な条件と主要内容は以下になります:  A.雇用方式や期間、契約開始と終結時間  B.専門家の職場、役職、主要な仕事内容及び業務指標  C.賃金額や具体的な支給方式  D.その他の関連福利厚生についての説明  E.中国の労働雇用法規に関連する制約条件   F.企業の現行制度に基づく関連条項
Q6応募した専門家にどのような準備が必要でしょうか?
A 面接について、電話面接と現地面接で2階段を分けています。簡単に言うと、電話面接は両方の始めての接触であり、一次打ち合わせと通じて、企業側が専門家の経験、技術範囲、基本状況を了解し、また専門家が企業に持っている質問などを答えられます。  現地面接で、技術について詳しく話し合い、専門家過去の成果を展示し、また企業の見学などを行い、全面的に雇用の可能性や契合度を確認します。  従って、この2階段の面接を行う前に、準備もさまざさであります。大連鼎峰数年の推進経験や面接中蓄積した心得を組み合わせ、以下のように紹介します。 ・電話面接  (1)大連鼎峰の電話面接(Skypeや電話会議システム): ―人材と面接できる時間帯を確認する ―面接を参加するメンバーは、海外人材の担当者と国内企業を担当する営業メンバー ―面接時間は大体1時間ぐらい ―面接内容について、主に中国の企業状況と職位要求を人材に紹介し、人材が職位要  求に対して自分の考えを説明し、転職理由も言います。賃金や福祉また中国で仕事  をする配慮など質問を答えます。 ―面接後、関連責任者は面接結果を企業にフィードバックし、後期の電話や現地面接  の参考になります。 (2)中国人材が需要する企業の電話面接: ―企業と人材と面接できる時間帯を確認し、一つを確定します。 ―面接方式:電話会議システムがおすすめです。事前に使用方法を両方と確認し、正  式の面接で順調に進めるために、初使用のお客様と一回テストをします。 ―面接を参加するメンバー(主に企業側)を確認し、通訳が必要な場合もあります。  企業側の通訳を優先で、面接時の接触は日後の共同作業に役を立ちます。 ―電話面接の事前準備:電話面接段階の内容について説明と導く            両方と面接の流れを事前に確認する            面接で質問したい内容を事前に用意させる ・現地面接 人材の方 ―パスポートなどの個人情報(事前) ―往復のフライトチケット要求 ―中国で連絡可能な方法(携帯) ―中国語や英語の交流能力 ―面接用の資料と設備 企業の方 ―フライトチケットやホテルの予約 ―送迎責任者と連絡方法 ―通訳や設備の配置 ―面接のスケジュール ―面接の主要方向や質問内容
  • 1

マイページ

業種:

キーワード: